頭皮と髪の悩みの両方がある場合には?

髪

髪の傷みが気になる場合もシャンプー選びは大変ですが、同時に頭皮のフケや痒みが気になる場合どのようなシャンプーが良いのでしょうか。

 

毛髪の悩みと頭皮の悩みというのは分けられてしまっていますし、シャンプーもヘアケアシャンプーとスカルプシャンプーと区分けされている傾向があります。

 

そのため両方買ってしまって2回洗ってしまうという方もいるかもしれません。頭皮の場合にはあまり回数を多くして洗ってしまうというのは良くない場合も結構あります。

 

カラーやパーマをした状態でも色やパーマの部分が速く劣化してしまいやすいので回数を多くしたり、長い時間シャンプーをしたりしないほうが良いかもしれません。

 

髪や頭皮の両方に良いのが、洗浄力が強くないタイプですが、頭皮のフケがある場合で、痒み等がある場合でも脂性の場合や乾燥しやすい場合によってシャンプーを分けたほうが良い場合もあります。

 

脂性の場合には頭皮に合わないシャンプーもある?

頭皮

脂性の場合にはアミノ酸系シャンプーを使用すると痒み等が出やすい場合もあるので、髪に良いシャンプーでもあるのですが、その影響もあるかもしれません。

 

逆にあまり今後アミノ酸系シャンプーを使用する場合には、気を付ける必要があります。

 

脂性と相性がやや悪い場合があるのは、グルタミン酸系のアミノ酸系シャンプーが痒み等が出来る場合もあるので、アラニン系などのアミノ酸系シャンプーを使用していくのが毎日使用していくというのが良いかもしれません。

 

またスカルプシャンプーやヘアケアシャンプーでもよく使用されている洗浄成分の糖質系とも呼ばれるベタイン系がアミノ酸系シャンプーと並んで低刺激で使用しやすいのがポイントです。

 

ベタイン系シャンプーは低刺激で使用しやすい

フケ

アミノ酸系シャンプーに比べると低価格であるので、量が多く価格が抑えられたシャンプーに使用されている以外にも刺激が少ないので頭皮やカラーやパーマの髪でも使用しやすいのが特徴です。

 

美容室系のシンプルなシャンプーでもよく使用されている洗浄成分なので、使用感なども悪くないのが特徴です。

 

アミノ酸系特有のヌメリ感がないので、カラーやパーマで傷んだ髪など絡まりやすい場合には、ベタイン系は少し髪が絡んだりするかもしれません。

 

頭皮でもアミノ酸系のような吸着作用がないためすすぐ際もキレが良いのもポイントかもしれません。

 

脂性や乾燥などフケが気になる場合にも使用しやすいのが特徴です。主に美容成分や頭皮ケア成分をガッツリ配合したシャンプーよりもシンプルなタイプも多いので、あまり負担が少ないというのも使いやすいかもしれません。

 

そして頭皮のフケとか脂漏性皮膚炎とか関係したりしていますが、そういった場合でも治療の妨げになりにくいシンプルタイプのシャンプーが多いのも選びやすいという特徴もあります。

髪の傷みと頭皮のフケや痒みの両方が気になる場合にシャンプーは何が良い? 関連記事


ヘアカラー中のヘアケア日記ごり押しブログ TOP