ヘアカラー中のヘアケア日記ごり押しブログ

MENU

ダメージヘア中にあったら困ることはなに?

ダメージヘア

よく髪をカラーやパーマをするためかダメージヘアの状態が続いています。

 

くせ毛なので、ある程度のダメージがあるとセットしやすいというのがありますが、ダメージが強すぎると毛先と毛根の方ではだいぶ髪質が変わってくるので少しセットに困ることが出てきています。

 

私の場合にはダメージがあるほうがアレンジしやすい傾向があるので、ある程度髪が伸びてくると毛根の方は素の状態の髪なので、立ち上がりにくくなります。

 

パーマをかけるためある程度髪は伸ばしています。

 

そのためか毛先までの距離も長いので重さも多少なりともあるのでしょう。

 

そのためかペタッと垂れてしまうという状態になってしまいます。

 

ダメージヘアの方が髪のセットが楽チンです

髪

ある程度髪を立ちあげたりアレンジしたりする方が楽なので、逆にセットに時間がかかってしまう事の方が多くなってきています。

 

私の場合には髪がダメージを負った状態の方がセットしやすいというのがあるので、実際プロの人から見たら間違いかもしれません。

 

ただダメージがあるというのは髪の内部がどんどんスカスカになっていくというのがあるかもしれないので、季節など湿気が多い時期や天気などによっての影響をより受けやすいかな?と思います。

 

また毛先の方が一番パーマやカラーをしてから歳を取っているので、ダメージが強いから毛先同士でくっついたりすることもしばしばあります。

 

特に髪を洗っている際は絡まったりするので、頭皮が引っ張られて痛みを感じることもあるかもしれません。

 

ダメージヘアの時のトリートメントとかどうしてる?

トリートメント

トリートメントとかしないで乾かしてしまえば、問題ないのですが、トリートメントなどをしておくと濡れている髪の状態でも絡みにくくなると思います。

 

私の場合には結構パーマをかけた後はよく頭皮をすすぎますが、髪もある程度手に触れながらすすぐ事になるので、パーマがすぐに取れてしまうか心配になることがあります。

 

結構パーマがかかりにくいタイプなので、強めにかけてもらう事の方が多いからというのも関係しています。

 

ですので、ダメージも一回パーマをかける場合には、他の方よりもダメージヘアになってしまうのかもしれませんね。

 

ダメージヘアのヘアケアというと補修系のトリートメントを使用する事で枝毛や毛先を修復しようとするかもしれません。

 

 

実はあまりトリートメントとか気にしていない

ホホバオイル

私の場合には、あまり気にしないでトリートメントを使用したりしています。

 

ホホバオイルを少し使って洗い流すこともありますが、あまり贅沢な使い方をしてもすぐに効果も出ないですし、修復するというのは難しいので、気長にダメージがより進まないようにシャンプーとトリートメントをするにとどまっています。

 

最近のアミノ酸系シャンプーは低刺激でシットリしたタイプはダメージヘアの状態だと洗いやすいので重宝しています。

 

グルタミン酸系のシャンプーは、かなり髪が絡みにくいのでダメージヘアの方にはぴったりだと思います。

ダメージヘア中にあったら困ることはなに? | ヘアカラー中のヘアケア日記ごり押しブログ記事一覧

 

髪のダメージが気になる時に良いシャンプーは?

髪のダメージが気になる時はシャンプーなどで洗髪する際に髪が絡まったりして中々洗いにくいものです。また洗っている際に特に毛先通しがくっついてしまって毛根のケアの奥の部分が引っ張られてしまう事もあるので痛みが出たりすることもあるかもしれませんね。すすぐ際も髪が絡まった状態になりやすいので、うまくすすげなかったりすることもあるかもしれません。すすぎが甘くなってしまうとシャンプーによっては頭皮に刺激となりやすい場合があるので、シャンプー中の髪の毛の絡まり具合に加えてすすぎで落としやすいシャンプーなどを探していることもあるかもしれません。またカラーやパーマで髪の場合には、出来るだけ退色などを防ぎたいと思う事もあるのかもしれませんね。ダメージが気になる毛髪の際はどのような種類のシャンプーが良い?そうなってくると石鹸シャンプーは、あまり候補に挙がってくることはないかもしれません。頭皮に優しいサッパリした...

 
 

髪の傷みと頭皮のフケや痒みの両方が気になる場合にシャンプーは何が良い?

髪の傷みが気になる場合もシャンプー選びは大変ですが、同時に頭皮のフケや痒みが気になる場合どのようなシャンプーが良いのでしょうか。毛髪の悩みと頭皮の悩みというのは分けられてしまっていますし、シャンプーもヘアケアシャンプーとスカルプシャンプーと区分けされている傾向があります。そのため両方買ってしまって2回洗ってしまうという方もいるかもしれません。頭皮の場合にはあまり回数を多くして洗ってしまうというのは良くない場合も結構あります。カラーやパーマをした状態でも色やパーマの部分が速く劣化してしまいやすいので回数を多くしたり、長い時間シャンプーをしたりしないほうが良いかもしれません。髪や頭皮の両方に良いのが、洗浄力が強くないタイプですが、頭皮のフケがある場合で、痒み等がある場合でも脂性の場合や乾燥しやすい場合によってシャンプーを分けたほうが良い場合もあります。脂性の場合には頭皮に合わないシャンプーもあ...

 
 

シャンプーが売れやすい時期とか変える時期とかある?

シャンプーというと日々使用するものなので、消耗品の中でも定期的に買っていくというのが日常生活では多いのではないでしょうか。ですので、どのドラッグストアでもシャンプーは置いてあるし、大手メーカーの製品がずらりと並んでいるので、種類も豊富ですが、買うのはいつも同じものを購入するというのもどこのドラックストアでも買いやすいと思います。ドラックストアではなくてもスーパーなどにも置いてあるので、ネットでももちろん購入できますが、店頭で買う所に困らないというのが現状かもしれません。なので、使用する頻度や量によって1か月に1回など購入している人もいるかもしれませんし、2ヶ月に一回の人もいるかもしれません。シャンプーの売れやすい時期は?シャンプーの売れやすい時期というのは生活スタイルが変わったりする場合にあるかもしれませんので、引っ越しなどが多くなる時期などもシャンプーが売れたりしやすい時期かもしれません...

 

ヘアカラー中のヘアケア日記ごり押しブログについて

ヘアカラー中のヘアケア日記ごり押しブログ

ヘアカラー中のヘアケア日記ごり押しブログでは、主にヘアカラー中は髪の傷みなど気になることもあるので、日々の髪のメンテナンスなんかについての情報を公開しています。ヘアカラー中にシャンプーでは気を付けたいことが結構あったりします。洗浄力が強いシャンプーでは髪の色の退色が速くなるので、できるだけ洗浄力が強くないタイプのシャンプーを使用していくと良い場合があります。なので、ヘアケア用やスカルプシャンプーなど種類がある程度シャンプーにはありますが、スカルプシャンプーなど使っていっても洗浄力が強くなければ特に問題はないと言えます。またシャンプーでは、できるだけ髪の艶や乾燥が気になる場合もあるので、植物性オイルなどが配合されているシャンプーを選ぶと良いかもしれません。そしてノンシリコンシャンプーという場合には、髪自体は補修作用がないのでシリコン配合の方を選ぶというのも選択肢の1つです。ノンシリコンシャンプーでもトリートメントはシリコン配合なのもあるので、そういったタイプのヘアケア製品を選ぶのも良いかもしれません。アミノ酸系シャンプーでシリコン配合というのは結構シャンプーでも見かける場合もあるので、ノンシリコンシャンプーにこだわらずにシャンプーを選ぶと良いかもしれませんね。

ヘアカラー中のヘアケア日記ごり押しブログ TOP


ヘアカラー中のヘアケア日記ごり押しブログ リンク集

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 |